保育士求人の現実とは。

過酷な労働を社員に押しつける、いわゆるブラック企業という言葉は、とても有名です。


しかしブラック保育園という言葉が、ちまたでは有名になりつつあります。給料が安い。
思っている以上に力仕事。

東京エリアの保育士求人選びをサポートするサイトです。

子供達の行動に目が離せないから精神的にも疲れる。
身勝手な保護者からの責任追及。

女性が多い職場特有の人間関係。

これはつまり、それだけ保育園という職場は過酷なところが多いということです。

そのため、退職していくひともあとを断ちません。

じっさい、保育士の数が足りずに保育園の人手不足が深刻化しています。

人気のエキサイトニュースの情報を求める人におすすめです。

求人を募ってもなかなか集まらないのが現状です。

そもそも保育士には国家資格が必要ですが、その資格を所有しているひと自体が少ないのでしょうか?これが意外にも多いのです。

資格は持っているが保育園では働かず、ほかの職業に就いてるひとのことを、通称、潜在保育士と呼びます。



いちどは保育園で働きはじめたものの、あまりにもその職場がブラックだったのを理由に、職を辞めていったひとたちや、そういった噂を聞いて就職をためらっているひとたちが、潜在保育士となってしまうのです。

保育園の人手不足によって起こる待機児童問題は、こういった潜在保育士を確保することによって、改善されるのではないかといわれています。

むかしから保母さんといえば、女の子達の憧れの職業でもあります。

国の対策を進め、本当の意味で憧れの職業となるように、待遇の見直しをしていくべきかもしれません。