保育士の求人状況と応募

保育士は全国的に不足しています。

大学でしっかり学んで保育士資格を取得した人でも、他の業種における初任給の方がより高いということが分かっていて、そちらへと人材が流れていることも要因の一つです。

全国的にそもそも保育士の働き場所である保育園自体も不足していて、特に都市部でその傾向が顕著です。

したがって、できる限り求人を工夫して出すわけですが、給料面で少ないために生活が苦しいとして就労に結びついていないという結果になってしまっています。


介護保険制度では、介護職員の離職を防ぐために介護報酬以外で人材のための手当を支給するようにしていますが、同様の制度が保育士にはありません。



そのため、賃金面での補填がなかなかなされない現状が出てきているわけです。

今後、賃金面での改善がなされなければ、現場での保育士の人材不足はより加速してしまうでしょう。女性が安心して働けるように、処遇の改善及び保育園の整備は急いで行わなければ、少子化はより進んでしまうでしょう。

結果として少子化により社会保障費の増大に歯止めがかからない結果に結びつきます。



現場で困っている現状があるわけですから、そろそろ政治や行政が積極的に動いて、助成金なり補助金なりでフォローをしていくことを考えていくことが必要不可欠です。また、保育園で働く人が定着できるように環境整備も図っていかなければならないでしょう。

そうした環境の整備の方向性次第で、今後の少子化や社会保障の問題の解決が出来るかどうかが問われます。

マイナビニュースに関する情報です。